こんな日、あんな日

Kei の写真日記

Category: 日常  

久しぶりの更新です。

前回の更新から4ヶ月経っていますね。生きてます(*^-^*)
高齢の両親のことで、次から次へと「事(こと)」が起こり、しかし「家族みんなで助け合って」とはいかないので、とてもきついです。
あちこち奔走し、相談して、何とか一息つける状態になったと思うと、また次の事件が起こるということが何年も続いています。
両親には、人生の終盤に来て、ただ穏やかな日々を過ごしてもらいたいと思うものの、そう簡単にはいかないものです。

さて、久しぶりに記録としてブログに残しておきたいと思った写真と本に出会いました。
今年、5月にSNSで流れてきた写真に一目惚れ。それがこの男の子。
IMG_2107.jpg

そして、この写真家、幡野広志さんの本が出たというので、てっきり写真集だと思って注文。
届いてすぐに、ページをパラパラめくるも、写真が一枚もない。。。全部、文章でした(^^;)。そうだったのね。。。
DSC_0039_00001.jpg
ところが、文章を読み進めていくうちに、ストレスで満杯だった心が癒やされていくような気がしました。
多分、幡野広志さんの伝えたいこと、考え方に、共感できることが多かったからだと思う。
この無垢な息子さんの笑顔にありがとう!




Newer Entry秋日和

Older Entry猫のご挨拶

 

Comments

Editご無沙汰です
お帰りなさい。
大変な日々をお過ごしになられホット一息ってとこでしょうか
どちらのご家庭でも乗り越えなければならない事情がありこれを克服していく自身の活動こそ与えられた使命感で乗り越えていく行動こそ大切な事だと思っております。
我が家も、昨年妻をなくし老齢の身ながら頑張っております。
物思いにふけ足を止めることは健康にもよくなく、迷ったときこそグロブに向って、思考を働かせる頭の切り替えと
文書を綴る行動活力が大事ではないでしょうか・・と
私の気分転換でグロブに立ち向かっております。
老いの世迷です・・頑張ってください。
EditRe: ご無沙汰です
鮎さん、お久しぶりです。
コメント、どうもありがとうございました。
「頭の切り替え」と「行動活力」。このお言葉、しっかり受けとめました。
他人なら、考え方の違う相手との負の関係は断てば済むことなのですが、肉親はそれができないための難しさがあることを実感していて、大きな人生の修行だと思っています。
その中で、自分を保つためにも、鮎さんのおっしゃるように、他に視線を向けることを心掛けようと思います。
ありがとうございます。

鮎さんちの「クッキ-」君の写真にも癒やされてます。
これからもよろしくお願いします。
Editお久しぶりです(^-^)
こんばんは(*^O^*)/
しばらく更新がないのでご両親のことかなと思っていました。
Kazeの場合は、逆に父の世話になってしまっていますが(^^ゞ

Keiさんの記事を読み、幡野広志さんのブログにアクセスしました。
思わず、若いのにとビックリしてしまった…
だからこそ息子さんの笑顔を記録されているのだろうな…
紹介してもらった本も書店に注文しました。
文字ばかりだそうですが楽しみにしています(^-^)
EditRe: お久しぶりです(^-^)
Kazeさん、こんばんは(*^O^*)/
Kazeさんのお父さん、お元気で何よりです。散歩に一緒に行かれてる様子などブログで拝見してます。
幡野広志さんの本、ご興味持っていただけてなんだか嬉しいです。
Twitterで、時々、息子さんの日常の写真を上げてられるんですが、息子さんもお父さんのことが大好きな様子が伝わってきて、せつないですが、とても良いんです。

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 12